立命館大学の英文法問題

【立命館大学の英文法】13.接続詞

練習用冊子PDFのダウンロードはこちらから ダウンロード

No.1~5

1. Please bear in mind that ______ you do not contact us in time, we will have to cancel the reservation.

(1) if (2) unless (3) until (4) while

2. Do it ______ I tell you.

(1) as (2) exactly (3) that (4) what

3. Rich ______ she is, Olivia is not very happy.

(1) as (2) because (3) when (4) while

4. California relies heavily on income from fruit crops, _____ does Florida.

(1) as (2) such (3) either (4) neither

5. We do not necessarily grow wiser _____ we grow older.

(1) since (2) as (3) which (4) than

ad

解答・解説

1. 正解 1 「あなたが期日内に連絡しない場合、私たちは予約をキャンセルしなければならないことを心に留めておいてください。」
if 「もし~なら」
(2) unless「~しない限り」。文がすでに否定文になっており、否定をさらに否定することになるので文意が成り立たない。(3)until 「~まで」。「当社に連絡しないまで」となり文意が成り立たない。(4) while「~の間(ずっと)」であり、「連絡しない間ずっと予約をキャンセルする」となり文意が成り立たない。

2. 正解 1 「私があなたに教えた通りにそれをしてください。」
as ~ように
うしろに I tell you と主語+動詞の形が来るので接続詞を用いる。(2) exactly 「正確に」は副詞なので不可。(3)(4)このような使い方はなく、Do what I tell you とする。

3. 正解 1 「オリビアは裕福だが、それほど幸せではない。」
補語 as[though] S+V ~だが[譲歩の表現]
Rich as she is で「彼女は裕福だが」となる。(2)(3)(4) にこのような語順はない。

4. 正解 1 「フロリダのように、カリフォルニアは、果物の作物からの収入に大きく依存しています。」
as V+S[倒置] ~と同様に
as 節が主語と助動詞/be動詞のみから成る場合に倒置が起こる。また、この does は代動詞であり、does=relies である。(2) such に倒置の形はない。(3) eitherは「否定文, 否定文, either」の形で「~も…ない」となる。(4) neither は「否定文, neither V+S[倒置]」の形で「~も…ない」となる。

5. 正解 2 「私たちは成長するにつれて、必ずしも賢くなるとは限らない。」
as ~につれて
ここでは「年を取ること」と「賢くなる」ことの比例関係について述べている。このように比例関係を述べる場合には as を用いる。

No.6~10

6. Don’t look at the book ______ you are trying to solve the problem.

(1) as far as (2) before (3) so that (4) while

7. ______ the bite of the black spider is often very painful, it is not strong enough to kill a healthy adult.

(1) As soon as (2) Since (3) So that (4) While

8. _____ he was honest, nobody believed him.

(1) In spite of (2) Despite (3) But (4) Although

9. His suggestion was _____ we should start our project as soon as possible.

(1) such (2) that (3) what (4) which

10. My surprise was ______ that I couldn’t say a word.

(1) as (2) how (3) such (4) well

ad

解答・解説

6. 正解 4 「あなたが問題を解こうとしている間、その本を見てはいけません。」
while ~の間(ずっと)
(1)as far as「~の限り」。as fa as は空間的な範囲に用いる。(2) before you try to ~なら可。(3) so that 「~ように」。文意が成り立たない。”

7. 正解 4 「黒クモに咬まれることは、しばしば非常に痛いですが、健康な大人を殺すほど強力ではありません。」
while ~ ~の一方で
(1) as soon as ~「~するとすぐに」。(2) since ~「~ので」。(3) so that ~ 「~ように」。いずれも文意が成り立たない。

8. 正解 4 「彼は正直だったが、誰も彼を信じなかった。」
Although ~ 「~だけれど」
although は接続詞であり、うしろに主語+動詞の文が続く。(1) in spite of、(2) despiteはともに「~にもかからわず」で、前置詞(句)である。前置詞(句)のうしろに主語+動詞の文を続けることはできず、名詞のみが続く。

9. 正解 2 「彼の提案は、私たちができるだけ早くプロジェクトを開始すべきであるということでした。」
what と that の判別
what と that はうしろの文で判別する。what の場合、うしろの文に文構造の省略が起こる(本来、主語か目的語が置かれるべき場所に語句がない)。一方で that の場合、うしろに文構造の省略は起こらない。ここでは(S)we should start (O)our project と文構造のすべての要素が揃っているので、接続詞 that 「~ということ」を用いる。

10. 正解 3 「私はあまりに驚いたので、何も言えませんでした。」
such that ~ あまりにはなはだしいので~

No.11~15

11. You will never enjoy watching the game _____ you learn the rules.

(1) by (2) for (3) since (4) until

12. Noah must make a speech, ______ he likes it or not.

(1) even if (2) in case (3) unless (4) whether

13. ______ he doesn’t get in touch with us beforehand, he will most certainly come.

(1) As though (2) Despite (3) Even if (4) However

14. It was not until some time in the afternoon _____ got the first reports of the trouble.

(1) and we (2) since we (3) that we (4) we could have

15. ______ newspapers sometimes contain mistakes, it doesn’t mean that they are not worth reading.

(1) If only (2) In that (3) Just because (4) Only when

解答・解説

11. 正解 4 「あなたがルールを学ぶまでは試合を見て楽しむことは決してありません。」
until と by
until は「~まで(ずっと)」、by は「~までには(~し終える)」。ここでは文意より until が適する。

12. 正解 4 「ノアは、彼がそれを好むと好まざるとにかからわず、スピーチをしなければなりません。」
whether ~ or not ~であろうがなかろうが

13. 正解 3 「たとえ彼が事前に私たちと連絡を取っていなくても、彼は間違いなく来るでしょう。」
even if ~ たとえ~でも
(1) as though「まるで~かのように」、(2) despite 「~にもかかわらず」。despite は前置詞であり、名詞のみを用いる。主語+動詞の文を続けることはできない。(4) however 「どのような方法で~しようと」。文意が成り立たない。

14. 正解 3 「午後のある時間になってはじめて、私たちはその問題の報告を受けた。」
it was not until ~ that … ~してはじめて…

15. 正解 3 「新聞に時々誤りが含まれているからと言って、それはそれらに読む価値がないことを意味するものではありません。」
just because ~ ~というだけで、~からと言って
前後の文の関係より、「~からと言って」のような譲歩の接続詞を用いるべきである。(1) if only ~「~でありさえすれば」。(2) in that ~ 「~という点において」。(4) only when 「~なときにだけ」

No.16~20

16. Your paper has to be at least ten pages long; ______ you will be in trouble.

(1) and (2) nevertheless (3) nor (4) otherwise

17. I think Taro did a wonderful job with the children, ______ how busy he has been at work.

(1) considering (2) to be considered (3) to consider (4) while considering

18. _____ I have good health and time, I would like to continue my research work.

(1) Provide (2) Provided (3) Provides (4) To provide

19. _____ she was alone, she opened the letter.

(1) The moment (2) Some moment (3) The sooner (4) No sooner

20. The possibility _____ they would go abroad this year was slim.

(1) as (2) that (3) of when (4) in which

解答・解説

16. 正解 4 「あなたの論文は、少なくとも10ページの長さである必要があります。そうしないと不利になるでしょう。」
otherwise ~ そうでなければ~

17. 正解 1 「タロウが仕事でどれほど忙しかったかを考えると、彼は子供たちと一緒に素晴らしい仕事をしたと思います。」
considering ~ ~であることを考えれば
(2)(3) 慣用的な表現を除いて、この位置に to 不定詞を置くと副詞句の扱いとなり、「~するために」という意味になる。よって文意が成り立たない。(4) while は対比の表現であり、「素晴らしい仕事をした」と「仕事で忙しい」を比べるのは不自然である。

18. 正解 2 「私が健康で時間があるという条件で、私は自分の研究活動を続けていきたいと思います。」
provided ~ ~という条件で
うしろに主語+動詞の文が続くことから、接続詞を用いるべきである。provided は「~という条件で、もし~なら」という意味の接続詞である。

19. 正解 1 「彼女が一人になった瞬間、彼女は手紙を開きました。」
the moment ~ ~した瞬間に
(2) some moment に接続詞の役割はない。(3) the sooner は、the 比較級 S+V, the 比較級 S’+V’ 「~すればするほどますます…」の形で用いる。(4)No sooner は No sooner ~ than …で「~するとすぐに…」である。

20. 正解 2 「彼らが今年海外に行くという可能性は低かった。」
同格のthat ~という…

タイトルとURLをコピーしました