共テ・センター英語筆記

【センター試験過去問】英語(筆記)2017本試【本文と和訳・正解】

第5問

次の物語を読み、下の問い(問1~5)の4246に入れるのに最も適当なものを、それぞれ下の①~④のうちから一つずつ選べ。

Ahhhhhhhhhhh!

With a big yawn I woke up. What a fresh morning! I felt very sharp, much sharper than usual. I was able to hear the singing of birds more clearly than ever before. I noticed the smell of coffee coming up from downstairs. I stretched out my arms in front of myself and raised my back; it felt so good. I sat up straight, licked my hand, and started to clean my face with it…. Huh? … Something was strange. Why was I licking my hand with my tongue? Why was my body covered with fur? I tried to say something, but the sound that came out of my mouth was … “Meow.”

It was certainly my bedroom that I was in. It was certainly my bed that I was sitting on. Everything was as usual except that … I seemed to have changed into a different creature. I was so surprised that I couldn’t move. I couldn’t do anything. I wondered ― would I have to spend the rest of my life as an animal? I began to feel afraid…. But after a few moments those feelings passed. So, with a wave of my tail, I started to explore my surroundings. A cat’s mind is said to be changeable like that.

As I went down the stairs, the smell of coffee grew stronger and I could tell what was for breakfast. Maybe the senses of a cat are sharper than those of a human. When I got to the dining room, what I saw almost stopped my heart. It was me! The human I was sitting at the dining table! I couldn’t take my eyes off myself.

The human I was absorbed in a smartphone, maybe writing responses to friends’ messages or playing an online game. Bending my head down toward the phone, I was sitting with rounded shoulders and a curved back. I looked very uncomfortable.

I sometimes took a little bite of toast, but it appeared that I was not noticing any taste in my mouth. Actually, the taste of toast in my memory was vague. I couldn’t remember what else had been served for breakfast recently, either. The human I was just mindlessly putting in my mouth anything that was on the plate while handling the phone. I was so focused on the text messages or games that I took little interest in what was happening around me. In fact, my face had no expression on it at all.

“Yuji, you never study these days. Are you ready for your final exams? You’re making me a little bit worried,” said Mom.

“Mmm,” said I. A sign of frustration briefly appeared on my face, but it disappeared in an instant. My face was again as expressionless as it had been before.

“I don’t like this guy,” I thought. But this guy was me. I couldn’t deny it. For the first time, I realized how I really looked to other people.

Then, as I started to leave the table, our eyes met. “Wow! Mom, look! There’s a cat in the dining room!”

I didn’t know why, but I was running. I felt I had to escape. Running up the stairs, I found the window in my room was open. I jumped! I had a strange feeling. The world suddenly seemed to have shifted. I felt my body falling down and ….

Bump!

I was awake, lying on the floor of my room. I slowly sat up and looked around. Everything looked like it usually did. I looked at my hands. I was relieved to see they were no longer covered with fur. I stood up and, with a yawn, extended my arms above my head to stretch my back. Without thinking, as was my usual habit in the morning, I started to walk to my desk where my smartphone had completed charging and … I stopped.

After pausing for a moment, I turned around and went downstairs for breakfast.

問1 When Yuji realized that he had turned into a cat, he first felt 42.

① astonished
② embarrassed
③ excited
④ satisfied

問2 When Yuji’s mother spoke to him, he was annoyed because 43.

① he wanted to please her
② her words disturbed him
③ his mouth was full of food
④ she interrupted his studies

問3 The cat thought, “I don’t like this guy,” because Yuji 44.

① could not recall the taste of food he had eaten at breakfast
② tried to hide his efforts to study for the final exams
③ was making fun of his mother’s concern for his future
④ was not showing respect for people or things around him

問4 At the end of the story, Yuji did not pick up his smartphone because he 45.

① decided it was time to improve his attitude
② realized that it was not yet fully charged
③ wanted to stick to his old priorities
④ was afraid of being scolded by his mother

問5 What is the theme of this story? 46

① Cats have much better senses than humans.
② Observing yourself can lead to self-change.
③ People using smartphones look strange.
④ Unbelievable things can happen in dreams.

ad

正解と和訳

あああ。

大きなあくびをして目が覚めた。なんて新鮮な朝だろう。私はとても冴えていて、いつもよりずっと冴えているように感じた。私はこれまで以上にはっきりと鳥のさえずりを聞くことができた。私は階下から来るコーヒーの香りに気づいた。私は自分の前に腕を伸ばして背中を伸ばした。それはとても気持ちよかった。私はまっすぐ起き上がり、私の手をなめて、そしてそれで私の顔をきれいにし始めた…あれ?…何かがおかしい。なぜ私は自分の舌で手をなめているのか。なぜ私の体は毛皮で覆われているのか。私は何かを言おうとしたが、私の口から出た音は…「ニャー」だった。

私がいたのは確かに私の寝室であった。私が座っていたのは確かに私のベッドであった。それ以外はすべて普通だった…私は別の生き物に変わったようだった。私はあまりに驚いて動くことができなかった。私は何もできなかった。私は疑問に思った ― 私は残りの人生を動物として過ごさなければならないのだろうか。私は怖くなり始めた……しかし、しばらくしてそれらの感情は消えた。それで、私のしっぽをなびかせながら、私は自分の周りを探検し始めた。猫の心はそのように変わりやすいと言われている。

私が階段を降りると、コーヒーの香りが強くなり、私は朝食が何かを当てることができた。おそらく、猫の感覚は人間の感覚より鋭いかもしれない。私が食堂に着いたとき、私が見たもので、私の心臓はほとんど止まりそうになった。それは私だった。私であるその人間が食卓に座っていた。私は自分から目を離すことができなかった。

私であるその人間はスマートフォンに夢中になっていて、友達のメッセージに返事を書き、オンラインゲームをしているのだろう。スマートフォンに向かって頭を下げて、私は肩を丸めて背中を曲げて座っていた。私はとても不快そうに見えた。

私は時々トーストを少しかじっていたが、私は口の中の味に気付いていないようだった。実は、私の記憶の中のトーストの味は曖昧だった。私は最近他に朝食に出されたものも覚えていなかった。人間である私はスマートフォンを扱いながら、皿の上にあるものを無関心に口の中に入れていた。私はテキストメッセージやゲームにとても集中していたので、私は自分の周りで起こっていることにほとんど関心を向けなかった。事実、私の顔にはまったく表情がなかった。

「ユウジ、あなたは最近まったく勉強していません。あなたは期末試験の準備ができていますか。あなたは私を少し心配させています。」と母は言った。

「うーん」と私は言った。欲求不満の兆候が私の顔に一瞬現れたが、それは一瞬で消えた。私の顔は以前と同じように無表情だった。

「私はこの人は好きではない。」と私は思った。しかし、この人は私だった。私はそれを否定できなかった。初めて、私は自分が本当に他の人々にどのように目をやっているかを実感した。

それから私がテーブルを離れ始めると、私たちの目が合った。「うわー、お母さん、見て!食堂に猫がいる!」

なぜだか分からないが、私は走っていた。私は逃げなければならないと感じた。階段を上っていくと、私の部屋の窓が開いているのを見つけた。私は跳んだ。私は奇妙な感じがした。世界が突然変わったようだった。私は自分の体が落ちるのを感じ、そして…

ドン!

私は目を覚まし、部屋の床に横たわっていた。私はゆっくりと起き上がり、周りを見回した。すべてがいつも通りに見えた。私は自分の手を見た。私はそれらがもはや毛皮で覆われていないのを見て安心した。私は立ち上がって、あくびをし、背中を伸ばすために腕を頭の上に伸ばした。考えもせず、朝のいつもの習慣のように、私はスマートフォンが充電を完了した自分の机に向かって歩き始めた…そして私は歩くのをやめた。

しばらく立ち止まった後、私は向きを変えて朝食のために下の階に行った。

問1 42 正解 ①
ユウジが猫になったことに気づいたとき、彼ははじめは42
① 驚いた
② きまりが悪かった
③ わくわくした
④ 満足した

問2 43 正解 ②
ユウジの母親が彼に話しかけたとき、彼は43のでいらいらしていた。
① 彼は彼女を喜ばせたかった
② 彼女の言葉が彼を動揺させた
③ 彼の口は食べ物でいっぱいだった
④ 彼女は彼の勉強を中断させた

問3 44 正解 ④
ユウジが44ので、猫は「この男は好きではない。」と思った。
① 朝食で食べた食べ物の味を思い出せない
② 期末試験の勉強の努力を隠そうとした
③ 彼の将来に対する母親の懸念をからかっていた
④ 周りの人や物に敬意を表していなかった

問4 45 正解 ①
物語の終わりで、ユウジは45ので自分のスマートフォンを取らなかった。
① 自分の態度を改善する時だと決心した
② スマートフォンがまだ十分に充電されていないことに気づいた
③ 自分の昔の優先事項を守りたかった
④ 母親に叱られるのが怖かった

問5 46 正解 ②
この物語の主題は何か。
① 猫は人間よりもはるかに優れた感覚を持っている。
② 自分を観察することは自己変化につながることがある。
③ スマートフォンを使っている人々は奇妙に見えます。
④ 夢の中では信じられないことが起こり得る。

タイトルとURLをコピーしました