共テ・センター英語筆記

【センター試験過去問】英語(筆記)2016追試【本文と和訳・正解】

第5問

次の文章を読み,次の問い(問1~5)の4246に入れるのに最も適当なものを,それぞれ次の①~④のうちから一つずつ選べ。

Tomorrow would be the last day of my dream trip. In the spring, I had started on a 3,500-kilometer hike. Now, as the leaves were changing color and with 10 kilometers left, I was about to fulfill my dream of hiking the Rainbow Trail.

While I relaxed by my campfire, various thoughts went through my mind. I laughed softly at myself as I remembered the first tiring day. When I started out that day, it did not take me long to realize how foolish I was; I had packed too much. I was carrying almost 30 kilograms, and it was killing me. At my first stop, I took out a lot of canned goods, books, and other heavy things. From then on, with my load lighter, I was able to make good time.

I had decided to do this long hike after quitting my job in the city. I really liked my job, but I had been working 80 hours a week and traveling a lot on business. It seemed I was only working, and there was no other meaning to my life. Finally, it all had become too much. I decided to take some extended time off.

Tonight I had cooked the last of my food pork and beans. Boy, it had taken me a while to get used to cooking over a fire. My first weeks of hiking were filled with horrible meals — undercooked rice, overcooked vegetables, and burnt beans. And sleeping outside on the ground — well, that also took some time getting used to.

But my biggest challenge was that I had to push myself to go on, rain or shine, hot or cold. There were no days off when I could stay indoors because of the weather. There were some days when I walked 15 to 20 kilometers in pouring rain. In the beginning, on colder days the walking helped me stay warm, but later on, the really hot days were difficult. Fortunately, I could take breaks whenever there was a stream or a lake nearby.

Although I spent most days alone, occasionally I met some interesting people during this trip. There was Sam, the postal worker, who was walking the long hike in shorter sections. He could only hike during his vacation when he often hiked 100 to 200 kilometers. He had five more years to go to complete the entire trail. And there was a happy couple, Suzanne and David, who were hiking as part of their honeymoon. But the person who moved me the most was Mary, a retired teacher, who was doing the hike in memory of her husband, who had loved the outdoors all his life.

After tomorrow, I would be back in civilization. I knew it would take a while to become comfortable again with all its conveniences at my fingertips. For the past six months, just to be able to do laundry or eat fresh vegetables at a salad bar had been a treat. I did these two things every time I was able to go into a town, which was not often. But the best thing about being in towns was … ice cream! An ice-cream cone could make my aches and pains disappear as I let the ice cream slowly melt in my mouth.

Well, I needed to get some sleep. This would be my last night sleeping outside for some time. Over the last few weeks, it had started getting chillier. As I prepared my sleeping bag, I thought about what I had learned. Now I was much more relaxed and calm. Being by myself had given me a lot of time to think. I had gained the ability to enjoy silence and be silent. At the same time, challenging myself physically taught me that I had the ability to do more than I had thought. And I now had a new and deep respect for nature. As I gradually fell asleep, I knew I was ready for whatever the future would hold, thanks to the inner strength I had developed during these past months.

問1 The author laughed when he remembered the first day because he 42.

① felt it was the happiest day for him
② had known very little about hiking
③ had met many interesting people
④ spent that day in front of the fire

問2 The author decided to take a long hike because he 43.

① could stop at small towns along the way
② lost his well-paid job in the city
③ wanted to stop and think about his life
④ was dedicated to spending time in nature

問3 Sam needed five more years to finish the trail because he 44.

① walked only a limited distance every year
② walked too much while doing his job
③ was carrying too much in his pack
④ was walking with his wife and friends

問4 The phrase at my fingertips is closest in meaning to 45.

① clearly marked
② easily reached
③ finally finished
④ softly touched

問5 What did the author do on a typical day on the trail? 46

① He ate ice cream and did laundry in town.
② He enjoyed meeting interesting people.
③ He waited in his tent for the weather to improve.
④ He walked in the wild and cooked by himself.

ad

正解と和訳

明日は私の夢の旅の最後の日になるだろう。春に、私は3500キロメートルのハイキングを始めた。今や葉は色を変え、10キロメートルを残して、私はレインボートレイルをハイキングするという私の夢を実現しようとしていた。

私がキャンプファイヤーでくつろいでいる間に、さまざまな考えが私の心に浮かんだ。私は最初の退屈な日を思い出して自分自身を静かに笑った。私がその日出発したとき、私がどれほど愚かであるかを実感するのにそれほど時間はかからなかった。私は荷を詰め過ぎていた。私はおよそ30キログラムを運んで、危うく死ぬところだった。私が最初に立ち止まったとき、私はたくさんの缶詰、本、そしてその他の重いものを取り出した。それ以降、荷物を軽くして、私は楽しい時間を過ごすことができた。

私は街での仕事を辞めた後、この長いハイキングをすることにした。私は本当に自分の仕事が好きだったが、私は週に80時間働いて多くの出張をしていた。私は仕事をしていただけで、人生に他の意味はなかった。ついに、それはすべてうんざりするものになった。私は長期の休暇を取ることにした。

今夜、私は最後の食べ物の豚肉と豆を調理した。とはいえ、火の上で料理するのに慣れるのにしばらく時間がかかった。私の最初の数週間のハイキングはひどい食事でいっぱいだった。火の通っていない米、焼き過ぎた野菜、それにこげた豆。そして、屋外の地面の上で眠ること。まあ、それに慣れるにもしばらく時間がかかった。

しかし、私の最大の課題は、雨が降っても晴れていても、暑くても寒くても、自分を前に進めなければならないことだった。天気のせいで私が室内に滞在できる休みはなかった。土砂降りの雨の中で15~20キロメートル歩いたときも何日かあった。初めは、寒い日には歩くことで暖かく過ごすことができたが、後になって、本当に暑い日は困難だった。幸い、私は近くに小川や湖があるときはいつでも休憩を取ることができた。

私はほとんどの日を一人で過ごしたが、時折、私はこの旅の間に何人かの興味深い人々に出会った。短い区間ごとで長距離のハイキングをしていた郵便局員のサムがいた。彼は休暇中にしかハイキングできなかったので、そのときにしばしば100~200キロメートルをハイキングしていた。彼は全体の道を踏破するのにあと5年必要だった。そして、新婚旅行の一環としてハイキングをしていた幸せなカップル、スザンヌとデイヴィッドがいました。しかし、私を最も感動させた人物は、引退した教師であるメアリーで、彼女は夫の思い出を辿ってハイキングをしていて、その夫は生涯に渡って屋外を愛していた。

明日の後、私は文明に戻るだろう。すべての便利さがすぐに手に入り、再び快適になるにはしばらく時間がかかることを私は知っていた。過去6ヶ月間、洗濯でき、サラダバーで新鮮な野菜を食べることは、特別な楽しみだった。私が町に入ることができるたびに、これら二つのことをしたが、それは頻繁ではなかった。しかし、町にいることについての最もよいことは…アイスクリームだった。私が口の中でアイスクリームがゆっくりと溶けるようにするとき、アイスクリームコーンは私の痛みを消し去った。

さて、私は睡眠をとる必要がある。これは当分、私が外で寝る最後の夜になるだろう。ここ数週間で、肌寒くなってきた。自分の寝袋を用意するとき、学私は自分が学んだことについて考えた。今や、私はずっとくつろいで落ち着いている。一人でいることは私に考える時間をたくさん与えた。私は静寂を楽しみ、静かにたたずむ能力を得た。同時に、自分自身に挑戦することは、自分が思っていた以上のことをする能力があることを私の体に教えた。そして私は今や、自然に対して新しく深い敬意を持っている。私が徐々に眠りについていくうちに、私はこの数カ月の間に私が培ってきた内なる強さのおかげで、将来待ち受けているであろうどんなことへの準備ができていることを知った。

問1 42 正解 ②
筆者は42ので彼が最初の日を思い出したとき、彼は笑った。
① それは彼にとって最も幸せな日だと感じた
② ハイキングについてほとんど知らなかった
③ たくさんの興味深い人々に出会った
④ 火の前でその日を過ごした

問2 43 正解 ③
筆者は43ので長距離のハイキングをすることにした。
① 途中で小さな町に立ち寄ることができる
② 町で給料の高い仕事を失った
③ 立ち止まって自分の人生を考えたかった
④ 自然の中で時間を過ごすことに専念していた

問3 44 正解 ①
サムは44ので道を歩き終えるのにあと5年必要だった。
① 毎年限られた距離だけ歩いていた
② 仕事をしている間、歩きすぎていた
③ リュックにあまりに多くのものを入れて運んでいた
④ 妻や友達と一緒に歩いていた

問4 45 正解 ②
at my fingertips という慣用句は45に最も意味が近い。
① はっきりと印をつけた
② 簡単に手の届く
③ ついに終了した
④ そっと触れた

問5 46 正解 ④
筆者は道にいる典型的な日に何をしたか。
① 彼は町でアイスクリームを食べて洗濯した。
② 彼は興味深い人々との出会いを楽しんだ。
③ 彼は天候が良くなるのをテントの中で待っていた。
④ 彼は荒野を歩いて一人で調理した。

タイトルとURLをコピーしました