共テ・センター英語筆記

【センター試験過去問】英語(筆記)2016追試【本文と和訳・正解】

第4問A

In recent years, there has been increasing public support in the US for the development of city transportation networks that include support systems for those using non-motorized travel, particularly pedestrians and bicyclists. Because of this, numerous city governments have begun to consider the needs of non-motorized travelers in their transportation planning. Some cities have even started sidewalk improvements and created pedestrian-only business districts and bicycle lanes. However, the popularity of using non-motorized transportation depends on many factors, including social and economic issues.

A 2012 nationwide survey was conducted to examine the preferred methods of commuting — traveling between home and the workplace — in the US. While it found that walking and bicycling still made up a relatively small proportion of commuting activity overall, these non-motorized travel methods did play important roles within a number of US cities. The survey found that this was especially true in smaller towns (particularly those formed around large universities, also known as “university towns”) and where several state and local agencies had taken steps to promote pedestrian and bicycle travel.

Table 1 Highest Rates of Walking and Bicycling to Work for Small Cities in the US

WALKING%BICYCLING%
1. (A)42.41. (B)18.6
2. Athens36.82. Key West17.4
3. (C)36.23. (D)11.2
4. North Chicago32.24. Santa Cruz9.2
5. Kiryas Joel31.65. Palo Alto8.5
6. Oxford29.76. Menlo Park7.6

Table 1 shows the six highest rates of walking and bicycling to work for small cities in the US. Again, most of these are university towns where students make up a large percentage of the total population. Towns in the northeast – including Ithaca and State College – tended to have the highest rates of walking to work. Towns in the west – including Corvallis and Davis tended to have the highest rates of bicycling to work. Davis and Ithaca had the highest rates in their different categories.

In addition, in a number of large cities, local governments have taken steps to promote either pedestrian or bicycle travel. Table 2 shows the six highest walking and bicycling rates among large cities in the US.

Table 2 Highest Rates of Walking and Bicycling to Work for Large Cities in the US

WALKING%BICYCLING%
1. Boston15.11. Portland6.1
2. Washington, DC12.12. Madison5.1
3. Pittsburgh11.33. Minneapolis4.1
4. New York10.34. Boise3.7
5. San Francisco9.95. Seattle3.4
6. Madison9.16. San Francisco3.4

Portland has the highest rate of bicycle commuting among large cities at 6.1 percent, partly because of its mild climate. However, Portland is also among places such as Madison and Minneapolis that have made investments aimed at creating more bicycle-friendly roads. Furthermore, in some large cities, evidence of neighborhood improvements to make walking and bicycling easier is now included in business promotion and real estate advertising. Madison is among several large cities that have promoted both walking and bicycling, making it one of two such cities ranking among the top six in both categories.

As more cities invest in making walking and bicycling easier, the popularity of non-motorized travel should also increase. Still, the 2012 study also identified several social and financial factors that will need to be overcome before higher rates of use for these transportation methods can be achieved.

(Brian McKenzie (2014) Modes Less Traveled— Bicycling and Walking to Work in the United States: 2008-2012 を参考に作成)

問1 In Table 1, which of the following do (A), (B), (C), and (D) refer to? 35

① (A) Davis  (B) Ithaca  (C) Corvallis    (D) State College
② (A) Davis  (B) Ithaca  (C) State College  (D) Corvallis
③ (A) Ithaca  (B) Corvallis (C) State College (D) Davis
④ (A) Ithaca  (B) Davis  (C) State College  (D) Corvallis

問2 According to the passage and Table 2, which characteristic is most likely shared by San Francisco and Madison? 36

① They are highly-populated university towns.
② They encourage walking and cycling.
③ They have car-only business districts.
④ They have pleasant mild climates.

問3 The main purpose of the passage is to 37.

① describe the problems with promoting non-motorized transportation use
② discuss government policies to discourage non-motorized transportation use
③ provide suggestions for improving non-motorized transportation use rates
④ report on the current situation regarding non-motorized transportation use

問4 What topic is most likely to follow the last paragraph? 38

① Challenges facing non-motorized transportation use
② Financial issues limiting motorized transportation use
③ Rates of use for non-motorized transportation
④ Strategies to promote motorized transportation use

正解と和訳

近年、米国では、特に歩行者や自転車など、自動車以外による移動手段を利用する人々のための支援システムを含む都市交通ネットワークの開発への公的支援が増えてきている。このため、多数の市役所が、交通機関の計画において、自動車以外による移動者が必要とするものを考慮し始めている。いくつかの市は、歩道の改良をし始め、歩行者専用の商業地区や自転車専用車線を作っている。しかし、自動車以外の交通機関の利用の人気は、社会的問題や経済的問題など、さまざまな要因に左右される。

アメリカで、通勤 ― 家と職場の間の移動 ― の好まれる方法を調べるために、2012年の全国調査が行われた。調査において歩行と自転車が依然として通勤活動全体の比較的小さな割合を占めていることが分かったが、これらの自動車以外の移動法は、アメリカの多くの都市で重要な役割を果たしていた。このことはより小さな町(特に「学園都市」として知られる、大きな大学の周りに形成された町)で、そしていくつかの州と地方の機関が歩行者と自転車移動を促進するための措置をとった場所で特に当てはまった。

表1 アメリカの小都市で仕事のための歩行と自転車の割合の高いもの

歩行%自転車%
1.(A)42.41.(B)18.6
2.アテネ36.82.キーウェスト17.4
3.(C)36.23.(D)11.2
4.ノースシカゴ32.24.サンタクルーズ9.2
5.キリヤスジョエル31.65.パロアルト8.5
6.オックスフォード29.76.メンロパーク7.6

表1は、米国の小都市で仕事のための歩行と自転車の割合の上位6つを示している。また、これらのほとんどは、学生が総人口の大部分を占める学園都市である。イサカとステートカレッジを含む北東部の町では、仕事への歩行の割合が最も高い傾向があった。コーバリスやデイビスを含む西部の町では、仕事への自転車の割合が最も高い傾向があった。デイビスとイサカは、それぞれのカテゴリーで最も高い割合を示した。

さらに、多くの大都市では、地方自治体が歩行者または自転車移動を促進するための措置を講じてきた。表2は、アメリカの大都市における仕事への歩行および自転車の割合の上位6つを示している。

表2 アメリカの大都市で仕事への歩行と自転車の割合の高いもの

歩行%自転車%
1.ボストン15.11.ポートランド6.1
2.ワシントンDC12.12. マディソン5.1
3.ピッツバーグ11.33.ミネアポリス4.1
4.ニューヨーク10.34.ボイシ3.7
5.サンフランシスコ9.95.シアトル3.4
6.マディソン9.16.サンフランシスコ3.4

ポートランドは、一つにはその穏やかな気候のせいで、大都市での自転車通勤率が6.1パーセントで最も高い。しかし、ポートランドはマディソンやミネアポリスのように自転車にやさしい道路を作ることを目的とした投資も行っている場所でもある。さらに、一部の大都市では、歩行や自転車移動をより簡単にするための近隣地域の改善の証拠が、ビジネスの促進や不動産広告に含まれている。マディソンは、歩行と自転車の両方を推進してきたいくつかの大都市の1つで、それを両方のカテゴリーにおいて上位6つに位置する2つのそのような都市の一つにしている。

歩行や自転車をより簡単にするために投資をする都市が増えるにつれて、自動車以外の移動の人気も高まるはずだ。それでも、2012年の調査では、これらの交通手段の高い利用率が達成される前に、克服する必要があるいくつかの社会的、経済的要因が確認されている。

問1 35 正解 ④
表1では、(A)、(B)、(C)、(D)は次のうちどれのことか。
① (A)デイビス (B)イサカ   (C) コーバリス(D)ステートカレッジ
② (A)デイビス (B)イサカ   (C) ステートカレッジ(D) コーバリス
③ (A)イサカ  (B)コーバリス (C) ステートカレッジ(D)デイビス
④ (A)イサカ  (B)デイビス  (C) ステートカレッジ(D) コーバリス

問2 36 正解 ②
文章と表2によると、どの特性がサンフランシスコとマディソンによって共有されている可能性が最も高いか。
① それらは非常に人口の多い学園都市である。
② それらは歩行と自転車を促している。
③ それらは自動車専用のビジネス街がある。
④ それらは心地よい穏やかな気候である。

問3 37 正解 ④
文章の主な目的は37ことである。
① 自動車以外の交通手段の利用を促進することの問題を説明する
② 自動車以外の交通手段の利用を阻止するための政府の政策について議論する
③ 自動車以外の交通手段の利用率を改善するための提案を提供する
④ 自動車以外の交通手段の利用に関する現状を報告する

問4 38 正解 ①
最後の段落に続く可能性が最も高いのはどの話題か。
① 自動車以外の交通手段の利用が直面する課題
② 自動車による交通の利用を制限する財政問題
③ 自動車以外の交通手段の利用率
④ 自動車による交通の利用を促進するための戦略

ad

第4問B

次のページのスポーツ施設に関するウェブサイトを読み,次の問い(問1~3)の3941に入れるのに最も適当なものを,それぞれ次の①~④のうちから一つずつ選べ。

問1 A group of teachers is going to make a reservation for an outdoor basketball court for 2 hours, 20 days before they play. How much will they have to pay? 39

① $30
② $40
③ $50
④ $60

問2 Reservations may only be made by 40.

① calling the office
② going to the office
③ sending a fax to the office
④ sending an email to the office

問3 Under which of the following conditions would a group get all of its money back? 41

① A group rents an outdoor basketball court but cancels 2 days before using it.
② A group rents an outdoor basketball court with late booking, and it rains on the day of use.
③ A group rents the soccer field but cancels 3 weeks before using it.
④ A group rents the swimming pool with early booking, and it rains on the day of use


LIR University Sports Facilities

Office: LIR Building Room 102 Tel/Fax: 212-555-0121 Email: admin@lir.edu

Hourly and daily rentals for the pool, soccer field, and basketball courts are available for students, teachers, and the general public.

Student GroupsTeacher GroupsOthers
Per hourPer dayPer hourPer dayPer hourPer day
Indoor
Basketball Court
$30$200$45$300$60$500
Outdoor
Basketball Court
$20$150$30$200$40$300
Indoor
Swimming Pool
$50$300$70$400$80$700
Outdoor
Soccer Field
$60$350$80$500$90$800

Reservations
All requests for reservations must be made in person at the LIR Sports office.

Early BookingReservations made more than 14 days prior to date of use$10 discount off the total
Late BookingReservations made less than 4 days prior to date of useNo refunds in the event of rain

Cancellations / Money Back Policy
– 100% money back if cancellation occurs 14 days or more prior to event
– 50% money back if cancellation occurs 13 to 5 days prior to event
No refunds if cancellation occurs 4 days or fewer prior to event
Note
Refunds in the event of rain will be made only when all the following conditions are met:
1) outdoor booking; 2) unplayable court or field; and 3) not late booking.

正解と和訳

問1 39 正解 ③
教師の団体が、競技をする20日前の2時間、屋外バスケットボールコートを予約しようとしている。彼らはいくら支払わなければならないか。
① 30ドル
② 40ドル
③ 50ドル
④ 60ドル

問2 40 正解 ②
予約は40によってのみ可能である。
① 事務所に電話すること
② 事務所へ行くこと
③ 事務所にファックスを送ること
④ 事務室にメールを送ること

問3 41 正解 ③
次のうち、どの条件の下で団体はそのお金のすべての払い戻しを受けるか。
① 団体が屋外バスケットボールコートを借りるが、それを利用する2日前にキャンセルする。
② 団体が、直前の予約で屋外のバスケットボールコートを借りて、利用の日に雨が降る。
③ 団体がサッカー場を借りるが、それを利用する3週間前にキャンセルする。
④ 団体が早めの予約でプールを借り、利用の日に雨が降る。

LIR大学スポーツ施設

事務所:LIRビル 102号室 電話/ファックス:212-555-0121 Eメール:admin@lir.edu

プール、サッカー場、バスケットボールコートの時間ごとや1日の貸し出しは、学生、教師、一般の人々が利用できます。

学生団体教師団体その他
1時間1日1時間1日1時間1日
屋内バスケットボールコート30ドル200ドル45ドル300ドル60ドル500ドル
屋外バスケットボールコート20ドル150ドル30ドル200ドル40ドル300ドル
屋内水泳プール50ドル300ドル70ドル400ドル80ドル700ドル
屋外サッカー場60ドル350ドル80ドル500ドル90ドル800ドル

予約
予約の要求はすべて、LIRスポーツオフィスで直接行わなければなりません。

早期予約利用日の14日以上前の予約合計から10ドルの割引
直前の予約利用日の4日前未満の予約雨の場合でも返金不可

キャンセル/返金規定
– キャンセルが当日の14日以上前に発生した場合は100%返金
– キャンセルが当日の13~5日前に発生した場合は50%の返金
– キャンセルが当日の4日以内に行われた場合、返金なし。
注意
雨が降った場合の払い戻しは、以下のすべての条件が満たされた場合にのみ行われます。
1)屋外の予約 2)コートや競技場が使用不可能 3)直前の予約ではない

タイトルとURLをコピーしました