教養

カラー4K60fpsで蘇る100年前の東京

[60 fps] Views of Tokyo, Japan, 1913-1915

ポーランドのデニス・シリアエフは,ニューラルネットワークの技術を用いてさまざまな古い映像を鮮明なカラー映像として現代に蘇らせています。

開発された人工知能は,映像の各コマをつなぐ中間の画像を生成し,60fps(1秒間に60コマ)の映像を作り出します。また,ピクセルの補完によって高解像度の画像に変換し,色付けを行っています。

さらに,人間の顔の復元に特化したアルゴリズムを用いることで,その表情がより鮮明に映し出されています。

タイトルとURLをコピーしました